株式会社ニシムラ工業所

メンテナンス事業

貯水槽の清掃管理は、法律で義務付けられています

水道法で、建物内水道の総称として「貯水槽水道」が定義され、その管理の充実が図られるようになりました。
管理基準に準じた有効容量が10m3を超える『簡易専用水道』に対しては、有効容量が10m3以下の『小規模貯水槽水道』でも管理規準に準じた管理が義務付けられるようになりました。

当社では、建築物飲料水貯水槽清掃業の静岡県の認可を受け、貯水槽清掃業務にいつでも応えられるよう体制を整えております。また、貯水槽水道衛生管理士の認定も受け、貯水槽管理のご相談にも応じられるよう準備しております。

清掃前の貯水槽は、ステンレス製、FRP製を問わず6月から12ヶ月使用すると、下の写真のように錆や汚れが溜まります。

鉄製貯水槽

  • img01タンク全景
  • img01作業前
  • img01作業後
  • img01作業前
  • img01作業後
  • img01作業前
  • img01作業後

ステンレス製貯水槽

  • img01ステンレス槽全景
  • img01清掃前
  • img01清掃後
  • img01清掃前
  • img01清掃後

FRP製貯水槽

  • img01FRP青貯水槽全景
  • img01清掃前
  • img01清掃後
お問い合わせ・資料請求ボタン

貯水槽保守点検の流れ

点検・整備・補修イラスト
排水後、タンクの内部外部と設備機器をチェック。問題があれば整備、補修を行います。
洗浄イラスト
タンクの内部外部の材質に合わせて、高圧洗浄機やブラシ等で、しっかり洗浄します。
消毒イラスト
タンク内、全体のほか、マンホール周辺も2回消毒。
消毒後、水道水で再洗浄します。
水質検査イラスト
定められた水質基準に、かなっているか厳しく検査します。

メンテナンス事業

株式会社ニシムラ工業所
〒437-0006
静岡県袋井市大谷1243-1

Tel.0538-48-7100

お問い合わせ

PAGE TOP